www.andreamicich.com
昔から人が趣味としてよく挙げるのが小説、読書ですが、小説は他の趣味とはやや異なり教養がありそうなイメージを含んでいます。 音楽鑑賞というのはただ聴くだけですし、映画鑑賞もただ観ているだけであって一般の人ですとそれらの作品について考え込んだり考察をしたりはしないのではないでしょうか。 しかし、小説は自分で読みながら頭でイメージを描かなければ物語を理解できませんので、小説を読む、ということは頭を使っている、ということにもなるのです。 小説を読むことで視野が開けますし、語彙も豊富になりますし、文章を書く際にも普段小説を読んでいる人と、全く小説を読んでいない人では表現の豊かさと、文章のリズムのスムーズさにもかなりの差が生じてきます。 どんな本を読んでいるか、ですが読んでいる本のタイトルを挙げることでちょっとした自己紹介にもなりますし、凝ったジャンルの小説ですと、ファッション感覚でタイトルを挙げることもできます。